モーションセンサー搭載 ドアスコープカメラ NHV MAC ルスカ

NHVMACページトップ画像.jpg

 

 

 

3ステップで設置完了

3ステップで簡単設置。工事は必要ありません。コイン1枚で取り外しから設置まで完了します。

brinno-01.jpg

簡単設置で、誰でも手軽なセキュリティを実現


 


 

およそ9,000回撮影

NHV MACは、わずか乾電池4本で9,000回もの撮影が可能です。例えば、1日10人の来訪者があり、日々確認を行った場合、およそ半年利用可能です。乾電池のみで動作するので、電源コードは不要です。

驚きの省電力を実現
brinno-02.jpg
 


 

ボタン1つで簡単再生

ボタン1つで、今日一日の来訪者をすばやく確認できます。当日だけでなく昨日、一昨日・・過去の来訪者も操作ボタン1つで液晶パネルで確認できます。映像に日時が記録されるので、いつ誰が来訪したのかも判ります。

簡単再生でたくさんの来訪者もすばやく確認
brinno-03.jpg
 


 

来訪者を感知し、自動で撮影&録画

内蔵のビルトインセンサーが来訪者を感知し、同時にアンビエントセンサーで明るさを調整します。ドアスコープから自動撮影しますので、留守中でも不審者・来訪者を逃さず撮影します。

留守中でも在宅中でも24時間安心監視
brinno-04.jpg
 


 

撮影データをコピーして日々の来訪者を管理

映像データがマイクロSDカードに自動保存されるので、お手持ちのパソコンに撮影データをコピーして、日々の来訪者の記録を管理することが可能です。

パソコンでも撮影データの閲覧が可能
brinno-05.jpg
 
 
 モーション起動式ドアスコープカメラ「NHV MAC」がもたらす様々なメリット
   
ストーカー・不審者対策に、ドアスコープカメラは犯罪を未然に防ぐ対抗手段になります。

女性にとって一番恐ろしいといっても大げさではない、ストーカー被害。悪質なストーカー被害や嫌がらせ行為、毎日入口付近をうろつくことも珍しいことではありません。そういったケースには、ドアスコープカメラがお勧めです。警察に被害届を出す場合の証拠映像として提出も可能です。
brinno-06.jpg
 

 
外側から覗かれる事も無く、ドアスコープを外してからの「サムターン回し」も防ぎます。

ドアスコープにカメラを設置していることで、外側からドアスコープ越しに室内を覗かれてもわかりません。また、近年増加傾向にあるドアスコープの穴から工具を通して内側のツマミにひっかけて開錠する「サムターン回し」といわれる手口に対する防犯にも有効です。
brinno-07.jpg
 

 
ドアに傷をつけずに簡単に取り付け可能なので、不動産賃貸物件には最適なセキュリティです。

元々付いているドアスコープを外してNHV MACを取り付けるだけで防犯性が向上しますのでドアに傷をつけることは無く、退去する時も簡単に元に戻せます。侵入経路が少ないアパートやマンションなどには最適です。 不動産賃貸物件もNHV MACを取り付ければ、学生やOL・高齢者の1人暮らしの方々に対しても高い防犯性をアピール出来る物件になります。
brinno-08.jpg

 

 製品仕様 
イメージセンサー 0.3メガピクセル CMOSセンサー
撮影範囲 通常時92°、ズーム時40°
液晶パネル 3.0”TFT
ストレージ MicroSDカード(最大32Gまで対応)
ファイルフォーマット JPEG、AVI
電源 単三形乾電池4本
ドアスコープ直径 12mm(オプションにて14mmに変更可能)
ドアの厚み 35〜57mm(オプションにて40〜69mmに変更可能)
外形寸法 87(幅)×158(高)×34(奥)mm
重量 170g(電池含まず)
同梱物 本体、ドアスコープ、ベースフランジ、ワッシャー、締め具、単三形乾電池4本、ユーザーマニュアル
販売価格 19,440円(税込・工事費用別途)