家庭の防犯 〜OCAの防犯システム〜


OCAの防犯システムは『侵入されにくい環境をつくる 防犯システムです。

 

 

 セキュリティシステムには、大きく分けて二つあります。

 

 ひとつは、異常を感知すると警備員が駆け付ける機械警備です。

 有名な会社でいうと、ALSOKやSECOMがこれにあたります。

 

 機械警備は、異常時(何かが起こった後)に警備員が駆け付けるシステムです。

 

 つまり、侵入者を退散させるのではなく、

 侵入者を捕まえる警察の手助けとなる働きをします。

 

 

 もうひとつは、侵入者を威嚇する装置(音・光等)を設置する自主機械警備です。

 OCAの防犯システムはこれにあたります。

 

 自主機械警備は、犯罪を未然に防ぐことを目的としたもので、

 強烈な音や光で侵入者を威嚇し、

 周囲に異常を知らせることで犯行を抑止し、退散させる働きをします。

 

講師

 

講師


 一般的に、犯行時間はおよそ5分以内とされていますが、

 警備員が到着するまでは平均15分かかるといわれています。

 

 警備員が駆け付けるまでに犯人が逃走してしまい、間に合わない場合も考えられます。

 (※警備業法では『25分以内に到着すれば過失はない』と定められています)

 

 

 家庭の防犯を考える際には、最低限の被害で抑える環境づくりをすることが大切です。

 

 侵入を警戒する機器(センサ)には、ドアセンサ、ガラスセンサ、

 シャッターセンサ、熱センサ等、様々な種類のものがあります。

 

 通報機器や警報機器にも種類があります。

 

 弊社は各家庭の状況や予算に応じて、

 最良の防犯システム構築の実現をお手伝いします。

 

 ご相談は無料ですので、下記フォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

お問い合わせ

 

自主機械警備システムや、警備会社のサービス、防犯カメラなど、

セキュリティ商品の導入を考えている方は、

各商品の長所と短所、費用を比較検討しながら、

何を一番に守りたいのかを十分に考えて、商品内容を吟味しながら導入を検討してください。