TVI-top.jpg


nsc-tvi900vp-f.jpg


nsc-tvi930vp-f.jpg


nsc-tvi931vp-f.jpg

nsc-tvi932vp-f.jpg

nsc-tvi933vp-f.jpg

nsc-tvi941vp-f.jpg
nsc-tvi942vp-f.jpg
nset04.jpg
nset08.jpg

↑ 画像クリックで各詳細ページにリンクします ↑


TVIソリューション.jpg


フルHDでの長距離配線を実現するTVIソリューション

NSSから、アナログシステムによる長距離配線とフルHD高解像度監視を兼ね備えたTVIソリューションが登場。
各種用途に合わせたTVIカメラと、CCTV・AHDソリューションとの同時運用が可能なハイブリッドDVRをラインアップ。
重要な場所にはTVIカメラを設置し、そうでない場所にはAHDカメラを設置するなど、状況に合わせてカメラを選択することで、コストを抑えることが可能です。
アナログシステムを既にお使いの方は配線の工事も不要で、リプレイスにも最適なソリューションです。

ラインアップ.jpg
※1 配線距離、配線ケーブルの種類によって映像が劣化する場合があります
※2 5C-FBタイプの同軸ケーブルを使用した場合の数値です
 

TVIワンケーブルシリーズ


ワンケーブル(電源重畳方式)カメラは同軸ケーブル一本で映像と電源の両方を伝送します。
そのため、カメラ側に電源確保の必要が無くなり、スッキリとした配線が可能です。※別途電源ユニットが必要です

ワンケーブル.jpg
 

最大300mの長距離配線が可能


HD-SDIと同等の解像度をもちながら、配線距離はHD-SDIの2倍を超える最大300mで、より多くの場所での高画質監視を可能にします。
※配線ケーブルの種類、設置環境、設置条件によって伝送距離が異なり、映像の劣化などが起こることがあります

長距離配線.jpg


1080Pを有する高画質アナログカメラ


従来のアナログシステムは、アナログカメラで監視し、SD画質の映像をDVR録画・再生という流れでした。
TVIシステムでは、アナログシステムと同じ同軸ケーブルを用いてTVIカメラで監視し、フルHD画質の映像をTVIレコーダーで録画・再生が可能です。
これにより、アナログシステムからコストを抑えつつ高画質監視システムへとリプレイスすることが可能になります。
映像の高画質化により、店内での買い物客の顔や車両のナンバーなど、細かい部分も鮮明に映し出せます。

高画質.jpg
 

AHDとの同時接続が可能


既存の同軸ケーブルを利用しカメラとレコーダーの機器を替えるだけで、アナログシステムからTVIシステムへの移行が行えます。
また、NSD6000TVI-HシリーズにはTVIカメラだけでなくAHDカメラの接続も可能で、TVIカメラとのハイブリッドシステムを構築できます。
2つのソリューションから状況にあわせてカメラを選択することで、コストを抑えることが可能です。

同時接続.jpg
 

固定IPアドレス不要


TVIレコーダーはダイナミックDNS(DDNS)に対応しており、専用DDNSサーバが無償で利用できます。
ランニングコストがかかる固定IPアドレスを取得する必要が無く、独自ドメインでのアクセスが可能です。

IPアドレス.jpg
 

スマートフォン対応


iPhone、iPad、Android携帯で、アプリケーションを利用して遠隔管理および監視が可能です。
外出先でもライブ映像を確認でき、録画映像の再生だけでなく、PTZカメラの制御も可能です。
無料のアプリケーションなので、どなたでもお使いいただけます。

スマホ.jpg


TVI説明3.jpg

↑ 画像クリックで拡大表示でご覧いただけます ↑

 

 

top_11.jpg